バナー

親知らずを抜歯する時期

親知らずは生えてくる人と生えてこない人がいますが、もしも、生えてきてしまった場合は抜歯をするかしないかをまず決めなければいけません。親知らずが生えてきたからといって必ずしも抜歯をしなければいけないというわけではなく、生え方によってはそのままにしておいた方がいいこともあるからです。

gooのニュースのことならこちらのサイトをご覧ください。

例えば、他の歯に影響を与えることなく真っ直ぐ生えており、歯磨きも問題なく行えるような場合は抜歯をする必要はありません。


しかし、斜めに生えて他の歯を押したり、痛みが生じたり、歯磨きが出来ないなど他の歯への悪影響が出るような場合は抜歯の必要があります。

もしも、抜歯の必要がある場合は基本的にはなるべく早い方がよいとされています。

なぜなら、放っておくとそのぶんだけ抜歯が難しくなる恐れがあるからです。

例えば、親知らずが虫歯や歯周病になってしまうと、抜歯時に歯が砕けて抜歯がしづらい状況に陥ることもありますし、骨と歯がしっかりくっついてしまい、抜くのが大変な状況になることもあります。


また若いうちは細胞の修復力が高いため、抜歯後の状態回復が早いという利点もあります。



このようなことから考えれば、親知らずが生えてきてなんらかの悪影響があった場合は、なるべく早めに抜歯を受けた方がよいといえるのです。



特に女性は妊娠予定がある場合、女性ホルモンの変化で口腔内環境が変化しやすく、これまでなんともなかった親知らずが虫歯や歯周病になりやすくなりますので、早めに抜歯しておいた方がよいといえます。